Welcome to my blog

笑美の気まぐれ只見日記

10年前に東京から福島県只見町に引っ越して来ました。只見の自然と水と空気に感動。今は只見と会津若松の行ったり来たり、気まぐれですが只見日記をお伝えします。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 議会

今日は知り合いの方に声をかけてもらい、只見町の議会の傍聴に行ってきました。

私は議会の傍聴は初めてでした。
厳粛な雰囲気の中、町長の冒頭挨拶から始まり、質疑応答が行われました。
その中でも今回の地震についての報告等がありましたので、ちょっと載せますね

3月28日現在、町内には182名の方が避難されています。
避難所に10名、縁故避難者が約45世帯に163名、湯ら里には9名
とのことです。
一回来られて戻られた方や、家を借りて出られた方もいたようです。
一日も早く皆さんの生活が安定しますように・・・

今まで町ではのべ980名の方のボランティアにより、おにぎり約49,000個などの炊き出しを行い、南相馬市、郡山市、いわき市などに届けられました。また町民からの寄付で2000枚の毛布を被災地におくりました。

そして、一番気になるのが、放射能の値や水の安全性です。
放射能については、今までテレビで南会津町での観測地は出てましたが、21日からは只見町や桧枝岐村、下郷などでも観測が始まりました。
只見町では最高値を記録したのがが3/22日の0.13マイクロシーベルト/時で、現在は0.02~0.04マイクロシーベルト/時の間だそうです。
水については、現在柏崎や千葉に送って検査をしていて、近々結果が出るそうです。まず心配はないと思いますが・・・

燃料の不足で除雪が間に合わないことや、原発の関係で、農産物の出荷等にも影響が出ることなど、これからの只見町の産業についても課題が多いことや、役場庁舎や只見地区センターが地震による崩壊が懸念されるため、役場機能を移動させなければならない等、色々課題は多いようです。

当然ながら、議会で只見町の重要な議題が決定されていきます。
私達町民も関心を持ち一緒に考えていかなければいけないですね。
しかし、短時間で的確な質問や意見を述べなければならない官僚や議員の方々。
のんびりモードの私には出来ない仕事だなと思った笑美でした。




スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。