Welcome to my blog

笑美の気まぐれ只見日記

10年前に東京から福島県只見町に引っ越して来ました。只見の自然と水と空気に感動。今は只見と会津若松の行ったり来たり、気まぐれですが只見日記をお伝えします。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 米麹を使った発芽玄米甘酒に初挑戦

寒くて風邪を引きやすい冬にはもってこいの飲み物。米麹を使った甘酒に初挑戦しました。
発芽玄米に、米麹を入れて炊飯器で低温保温をして8時間。美味しい発芽玄米甘酒が出来ました。
発芽玄米甘酒1

【材  料】
発芽玄米  1合
米麹     200g
水       3合分
DSC_1764.jpg
1.発芽玄米1合に3号の水を入れてをおかゆモードで炊きます。(発芽玄米は研がないでね)

2.炊き上がったら一旦保温モードを切り、温度を55℃位まで下げます。(麹菌は高温で死んでしまうので必ず低温で)

3.温度が下がったらほぐした米麹を200gバラバラと振り入れて混ぜます。
DSC_1760.jpg

4.その後炊飯器に割箸を挟んで隙間を開け60℃以下になるようにして、炊飯器の保温モードで8時間置きます(途中3回くらいかき混ぜます)もし炊飯器に保温温度が設定できるなら60℃以下になるように

温度が高いと麹菌が死んでしまい発酵しないので55℃くらいが適温のようです。温度計がない場合は指を入れて5秒くらいつけていられる位が良いと母が言ってました。スプーンでちょっと救って指を付けてみるのがよいですね。
出来上がった甘酒は冷蔵庫に入れても発酵が進むので、2週間位で食べてくださいね。冷凍保存もOKです。

甘酒はお湯で薄めたり、皮ごとすりおろしショウガをいれたり、豆乳を入れたりして召し上がれ。

甘酒には消化酵素とエネルギーに転換してくれるビタミンB郡、アミノ酸・ブドウ糖・オリゴ糖が主な栄養源として入っています。甘酒自体が善玉菌なので美肌効果・便秘改善・腸内環境が整いその結果免疫機能を高めることに期待です。
発芽玄米の皮がプチプチ触感となって満足感もGABAも栄養も更にUP!!です。

カロリーもありますので一度に多く取るのではなく毎日100ccくらい。私は豆乳100cと混ぜて甘酒豆乳を。
今はやりの豆乳甘酒ダイエット。朝食に置き換えて続けてみようかなと思っています。
良い報告が出来ると良いな~と♡

発芽玄米と米麹
DSC_1790.jpg
米麹はスーパーで購入しました。
発芽玄米は下記にて購入いたたけます。
メーデルリーフ合)メーデルリーフ 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。