Welcome to my blog

笑美の気まぐれ只見日記

10年前に東京から福島県只見町に引っ越して来ました。只見の自然と水と空気に感動。今は只見と会津若松の行ったり来たり、気まぐれですが只見日記をお伝えします。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大竹家のスパイシーカレー

スパイス15

DSC_0898.jpg

色々試行錯誤をした結果今はこのカレーが大竹家の味となりました。
玉葱を飴色に炒めて旨味を出し、14種類のスパイスで鶏肉を煮込みました。

【特製スパイス材料】4人分
チリペッパー 小1/2
クローブ 小1/2
ローリエ 1枚
オールスパイス 小1/2
カルダモン 小1
ナツメグ 小1
シナモン 小1
ジンジャーパウダー 小1
ブラックペッパー 小1
クミン 小1
コリアンダー 小1
ガーリックパウダー 小2
ターメリック(ウコン)大2
辛いのが苦手な人、子供に食べさせる場合はチリペッパー・ジンジャー・ブラックペッパーを半分に・・・
(特製インドカレーのレシピ)4人分
上記の特製スパイス(4人分)
鶏もも肉    500g(約2枚) 胸肉でもOKです
塩     小さじ1弱
たまねぎ    2個
トマト      1個またはトマト缶1/3
ヨーグルト   1/4カップ
牛乳       100cc
サラダ油    大2
コンソメ     3個
水        600ml
ガサムマサラ  少々
お好みで発芽玄米粉 大さじ1
1. あらかじめ上記のスパイスを合わせる。粉は一つの容器に入れ、固形のものは別の容器に合わせて置く。
2. 鶏肉を一口大に切り、合わせた粉のスパイスを1/4ほど、塩を小さじ1/2、分量の半分のヨーグルトをビニール袋に入れて揉んで混ぜる。鶏肉によく絡んだら冷蔵庫に入れて2時間~半日寝かせる。前日の夜に仕込むのもおすすめです。
3. 玉葱をみじん切りにしてオリーブオイルで炒る。最初は強火で水分を飛ばし途中から中火→弱火にして飴色になるまで炒める。目安は20分位。(急ぎの場合は最初にレンジで3分程加熱することで)5分炒めて作れます。また前日に刻んで冷凍することで早く作る方法も。
DSC_0880.jpg
4. 次にフライパンに油をひいて粒状のスパイスを入れ弱火でゆっくり油に香りが付くように炒めます。油に香りが付いたら、2の鶏肉を入れ強火で焼き色を付けます。鶏肉に焼き色がついてきたら鍋に鶏肉・3の玉葱・水・固形ブイヨン・トマト・残りのスパイスを入れて火にかけアクを取りながら煮込みます。
5. 肉が柔らかくなってきたら、残りのヨーグルトと牛乳を入れ、良く混ぜ塩で味を調節します。味が薄い場合は、コンソメを追加するか、塩を増やして下さい。
DSC_1034.jpg
6. 最後にガサムマサラを軽く振り入れて特製インドカレーが完成です。
お好みで発芽玄米粉大さじ1を少量の水で溶かしてから入れることで甘みとトロミが増します。

辛い場合は、香辛料「チリペッパー」・ジンジャー・ブラックペッパーを半分に
ヨーグルトの量を増やす。少量のチョコレート入れるなどで味をマイルドにすることが出来ます。
玉葱
飴色=深みのある甘さ しっかり加熱することで、うまみ成分が作られます。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。